Software

ソフトウェア

Software

​3種類のモードで多角的に分析

Styku(スタイク)のソフトウェアは基本となる「体型分析」モードの他に、

「姿勢解析」「アパレル」の2つの補助モードを備えています。設定画面からモードを切り替えることで、スキャンから得た3Dモデルをより多角的に分析することができます。

MODE 1

MODE 2

​姿勢解析モード

姿勢解析モードはフィットネスクラブモードと異なり、3Dモデルから周囲長ではなく姿勢にフォーカスするビジュアルでお見せすることで、各部位の位置関係から身体の姿勢を可視化します。

体型分析モードは最も基本となる分析方法です。

3Dイメージを用いて身体の各部位の長さの推定値を確認したり、サイズの変化を可視化するほか、体脂肪分析の結果から目標への運動指標を示します。

体型分析モード

アンダーバスト、股下、腕の長さなどサイズを確認する際に役立つアパレルモードもあります。
ヒューマンエラーの多いテープメジャーよりも安定した数値を得ることができます。

Software

目標設定で運動や摂取カロリー指標を提案

Stykuは体脂肪分析の結果から、設定した目標の期日に目標の体脂肪率を達成するためにどれくらいの運動が必要なのか目安を自動計算で表示する、カウンセリング機能もあります。設定する期日は摂取カロリーの設定と運動回数設定を連動させて計算しますが、これまでのように電卓で計算することなくスライダーを操作するだけで簡単に結果を表示させることができます。このカウンセリング機能でお客様との関係性を構築し、お客様からの信頼感を得られれば、それが次回来店の動機につながります。

Reports

​強力なレポート出力機能

3Dボディスキャンから得られた結果を簡単な操作で3種類のレポートとして出力することができます

スキャンレポート

​指定した1回のスキャンデータ(通常は最新)の詳細を出力します。

  • 項目数  :  31

  • ページ数  :  10

  • スキャン数  :  1

  • 出力時間  :  1min

​概要レポート

上記スキャンレポートの概要版を出力します。

  • 項目数  :  31

  • ページ数  :  4

  • スキャン数  : 1

  • 出力時間  :  0.5min

​進捗レポート

2回以上スキャンしている場合、その期間の体型の変化をレポート出力します。

  • 項目数  :  26

  • ページ数  :  7

  • スキャン数  :  2-5

  • 出力時間  :  1min

Share

お客様へ簡単な操作で共有

作成したスキャンレポートは3種類の方法でお客様にお渡しできます

レポートへのリンクをメールで共有しスマホやPCで閲覧

プリントアウトして共有

接続したプリンタでそのままプリントアウトして手渡し

ダウンロードして共有

PDFファイルとしてダウンロードしたデータを手渡し

営業時間 10:00 - 18:00 (土日祝日を除く)
東京都千代田区飯田橋2-1-10 TUGビル3F

​2018 BRAVO GROUP Inc. All Rights Reserved