体重よりも​体型が重要!

​体型を見える化する

新感覚3Dボディスキャナー

Professional 3D Body Scanner

3Dボディスキャナー スタイクって?

身体の状態を測定するために何を使っていますか?体重計?それとも体組成計?

3DボディスキャナーStyku(スタイク)は簡単な操作で全身の形状をスキャンし

​データポイントを作成して形成された3Dモデルを利用して

体型や体型の変化をひと目で認識させることができる画期的な3Dボディスキャナーです。

スキャンデータはプリントアウトしてクライアントに渡すこともできますし、

PDFファイルにしてメールで送信することも出来ます。

エクササイズや施術などのサービスを提供する際にその効果をわかりやすく

お客様に説明したいと思ったことはありませんか?Stykuならそれが出来ます!

Styku(スタイク)の利用方法

体重計や体組成計に次ぐ新世代の測定機器としてアメリカではすでに多くの有名クラブチェーンに導入されています。最大の特徴は体型の推移をビジュアルで説明できるというユニークな機能。これまでにないカラダの見える化というサービスの提供は会員と競合施設にに大きなインパクトを与えることが出来ます。

フィットネスクラブ

for

CLUBS

for

PERSONAL

TRAINING

​パーソナルトレーニング

Stykuを導入することで、これまでは数値のみで測定していたトレーニングの成果を「ビジュアル」でクライアントに説明することができるようになります。数字ではなかなか伝わりづらいトレーニング前後のカラダの変化を、グラフィックではっきりと見せることで、クライアントのトレーニングに対するモチベーションを引き上げます。

for

BEAUTY SALONS

エステサロン

Stykuはフィットネス以外の業界でもこれまでにないソリューションとして注目されています。既存の大掛かりな3Dスキャナーとは異なり省スペースでポータブル。補正下着等ウェア着用前後のシルエットの変化も可視化します。カラダの変化をお客様へ見せたいというニーズのある業界には大変大きな価値を感じて頂けています。

Before & After

​現在と過去の体型の変化を様々な角度から分析

​3Dモデルで比較

シルエットで比較

輪切りで比較

Simplicity

​シンプルで分かりやすいシステム

Scanning

スキャンされる方がターンテーブルに乗り30 - 40秒のスキャン時間で身体の水平方向360度をスキャンします。

3Dスキャン
STEP 1

Rendering

スキャンから得られた600万を越えるデータポイントを元に、Stykuソフトウェアが30秒で3Dのデータモデルを作成します。

​レンダリング
STEP 2

Analysis

3Dモデルを分析し、各部位の周囲長や体組成を推定。さらに設定した目標を達成するための摂取カロリー・運動量の分析を行います。

​解析
STEP 3

Sharing

スキャン・分析の結果得られたデータを「レポート」にして出力し、お客様へプリントアウトしてお渡ししたり、メールへレポートへのリンクを送ることでシェアできます。

​シェア
STEP 4

Styku blog

導入店舗・メディア掲載・運用方法に関する最新情報

 

Contact

資料請求・製品に関するお問い合わせ・デモのご依頼・購入に関する

ご相談などがございましたらこちらのお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

営業時間 10:00 - 18:00 (土日祝日を除く)
東京都千代田区飯田橋2-1-10 TUGビル3F

​2018 BRAVO GROUP Inc. All Rights Reserved